鉄の皮に包まれた家

鉄の皮に包まれた家

この建物の程近いところに、江戸末期から明治初期の商家街で当時は酒屋や油屋、米屋、醤油屋などが軒を連ねた白壁土蔵群が、当時の面影を残しています。
白い漆喰塗りの土蔵には黒い焼き杉の腰板が施され、色のコントラストが懐かしい風情をかもし出しています。
現代の素材(鉄板)と伝統的な素材(漆喰)の組み合わせにより、その周囲の町並みを自分の答えとして「蔵」に現代的かつ多面的な印象を持たせることを目指しました。
雨の多い山陰地方なので、雨を活かせる外観(雨が外壁を伝って流れる姿)を・・・と考えました。
そこで、雨の流れる鉄板をいかに見せるか?そして、屋根と壁が一体となり一枚の皮に見せれるかを検討しました。

(藤原 伸一)

 

概要

建築場所 鳥取県東伯郡
竣工 2005年
施工 -

同じような特徴を持った家に興味をお持ちの方は、ページ下のタグ(「〜〜の家」などの四角囲み)をクリックしてご覧ください。

夢や希望を実現する「家」をつくるための第一歩は、建築家へのお問い合わせから。 鳥取県米子市の建築設計・デザイン事務所 チームスタジオアーキテクツへのお問い合わせ・ご相談は、電話(0859-35-3155)、Eメール(info@team-studio.jp)、またはこちらの会社概要 & お問い合わせページからお気軽にどうぞ。