漆喰と格子の家

漆喰と格子の家

この建物は、家族4人(夫婦+子供2人)が暮らす住宅である。
外壁は伝統的な漆喰を使った和の住宅である。
畳スペースとLDKの間に設けられた坪庭がそれぞれのスペースを適度な距離感でつなぎ、
開口部及び坪庭の先には格子によって光と風を室内へ通し、外部の道路から適度な距離感を生み出している。
そして、道路の街路樹及び隣地の庭を取り込んでいる。
その全貌が見れる場所に、キッチンが置かれている。
家族が集まる場所、そこに料理をしながら会話のある・・・「家族団欒の場所」を目指した。
更に、キッチン背面は全て収納となっており、扉を閉めれば壁となりキッチンの存在感を浮かび上がらせ、収納という気配を消している。

(藤原 伸一)

 

概要

建築場所 鳥取県米子市
竣工 2012年
施工 (株)先本組

同じような特徴を持った家に興味をお持ちの方は、ページ下のタグ(「〜〜の家」などの四角囲み)をクリックしてご覧ください。

夢や希望を実現する「家」をつくるための第一歩は、建築家へのお問い合わせから。 鳥取県米子市の建築設計・デザイン事務所 チームスタジオアーキテクツへのお問い合わせ・ご相談は、電話(0859-35-3155)、Eメール(info@team-studio.jp)、またはこちらの会社概要 & お問い合わせページからお気軽にどうぞ。