Y邸

Y邸

この建物は古くからの街道沿いで、同じ通りには文化財に指定される旧家が3軒並ぶ城下町に存在する2世帯住宅である。

この建物をつくり、若い夫婦が帰郷し、親夫婦と同居したいとの依頼から始まった家づくりである。
この町並みは、江戸時代に伯太川沿いの城下町として発展した町並みで、街道沿いの町屋は、軒先で商売する場所を確保するため、建物が通りに対して斜めに立ち並び、ジグザグの軒先を形成した特徴を持つ。

敷地調査をして気付いたことであるが、敷地と道路との関係で、隣地境界線に平行に建物を配置すると、自然に隣地の軒先と段違いに成り、ジグザグの軒先を形成できる。城下町としての町づくりがしっかりと考えられた町なのかもしれない。

同じ通りに面している文化財に指定された3軒の建物は、旧母里藩の城下町のたたずまいを伝える典型的な町屋建築で、同じ町並みを形づくる複数の建築物である。そんな町並みに、伝統的な素材を使い、現代のニーズを考慮して建物を考えた。

漆喰と、石州瓦(3色の特注瓦を組合わせ)の深い軒先・格子戸更に、道路と敷地の繋がりを考え、町並みの形成に配慮した。(格子戸及び軒を支える柱が経年変化により、シルバー色に変化すれば、より町の中に溶け込む)

更に、裏山の木々が季節毎に表情を変え、日々自然の恵みにより変化を見せてくれる。そんな山の景色を庭に取り入れる計画をした。そして、その景色を建物内部に繋げることで、建物内部と外部が一体でこの建物を成立するように考えた。

建物と建物が町並みを形成し、町並みとそこに在る環境が全体を形成する。なので、地域特性を活かした建物をつくるならば、敷地を最大限に活用しなければならない。(敷地の良さを引き出す)もちろん、建物の細部が、全体(全て)に繋がらなければならない。なので、素材も重要である。漆喰、珪藻土、じゅらく、木(県産材等)がメイン素材で、空気もとても清々しい。

この建物及び敷地の構成は、

1.街道から建物(玄関)←→中庭←→デッキ(リビング・キッチンに隣接する)←→庭園を抜け、山の景色へと繋いでいる。
2街道←→前庭←→続き間(和室8帖×2)←→キッチン←→リビング←→和室(奥の間).
3. 建物の中心にキッチン、リビングが位置し、デッキ←→庭へとも繋ぐ。
3つの庭(前庭・中庭・庭園)がそれぞれの役割を持ち、建物を惹きたててくれる。さらに、客人と住人とを繋いでくれるように・・・。

それから、メイン照明をLEDにし、遮熱シートで夏の日差しをカットし、冬の寒さに、蓄熱暖房機の輻射熱を遮熱シートにより外部に逃がさない工夫をした。大きな吹抜けがあるので、夏の自然の風を採り入れ、冬の寒さの解消を目指し、エアーカーテンにより暖かい空気の気流循環を考え、人工エネルギーの使用量を抑えた。

(藤原 伸一)

 

概要

建築場所 島根県安来市
竣工 2011年
施工 -

同じような特徴を持った家に興味をお持ちの方は、ページ下のタグ(「〜〜の家」などの四角囲み)をクリックしてご覧ください。

夢や希望を実現する「家」をつくるための第一歩は、建築家へのお問い合わせから。 鳥取県米子市の建築設計・デザイン事務所 チームスタジオアーキテクツへのお問い合わせ・ご相談は、電話(0859-35-3155)、Eメール(info@team-studio.jp)、またはこちらの会社概要 & お問い合わせページからお気軽にどうぞ。