動線がつくりだす家

動線がつくりだす家

敷地を一緒に探す事から始まった家づくり。

共働きのご夫婦なので、家事動線の工夫とご主人の趣味(サーフィン)動線を主体に考えた家づくりを目指した。

人の動きが家のプロポーションの骨格を決め、敷地形状と融合したことで平面プランが確定した。
そして、敷地から見える(2階から)大山・隣地の庭を取り込む計画をした。
更に、隣地の窓を考慮為て季節毎に吹く風・光を採り入れるための開口部位置を決定している。
家を包み込む各外壁の素材は、その場所に合った材料をチョイスすることでその場所の質感・空気感をより活かすことを目指した。

当初イメージを伺い、どんな家づくりをしたいのか?どんな生活スタイルを望んでいるのか?
そして、土地が決定してからこの敷地をどの様に活かすのか?

(藤原 伸一)

 

概要

建築場所 鳥取県米子市
竣工 2014年11月
施工 平田組

同じような特徴を持った家に興味をお持ちの方は、ページ下のタグ(「〜〜の家」などの四角囲み)をクリックしてご覧ください。

夢や希望を実現する「家」をつくるための第一歩は、建築家へのお問い合わせから。 鳥取県米子市の建築設計・デザイン事務所 チームスタジオアーキテクツへのお問い合わせ・ご相談は、電話(0859-35-3155)、Eメール(info@team-studio.jp)、またはこちらの会社概要 & お問い合わせページからお気軽にどうぞ。