狭小住宅

 

狭小住宅

狭小住宅での魅力ある暮らし。

最低限の敷地と狭小住宅という狭い空間を如何に魅力的に調え、暮らしを豊かに出来るか?そんな疑問から生まれた住宅。

出来るだけ普段当たり前の住む為の箱を解体し、必要最低限の決まり事を検討する。すると、ホテルのスイートルームのような・・・そんな、だれでも使いこなせる空間にたどり着いた。

キッチンも、最低限の装備で充実した機能を目指す。
オーブン(ガゲナウ)でほとんどの料理ができ、使用後の鍋・食器などは食洗機に放り込める。その補足をしてくれるのが家電調理器・・・全自動のエスプレッソマシン・フードプロセッサなどがカウンターに並び、料理にかかる労力を減らす・・・
その横に、洗濯機が埋め込まれ、寝ている間に洗濯→乾燥まで終わる。
だからこそ、自分達の時間を有意義に過ごせる空間が必要である。

1階のリビング兼入口は、外部と直接繫がった空間になっている。使用方法は多様で有る。そして、2階のリビングは空しか見えない窓や、地元の花火が見えるベランダ・・・などがあり、間接的に外部と繫がる空間になっている。

それぞれの異なるリビングに、お気に入りのビンテージ家具を配置し、用途に合わせて変化できる様にしてある。

(藤原 伸一)

 

概要

建築場所 鳥取県米子市
竣工 2015年6月
施工 株式会社 平田組

同じような特徴を持った家に興味をお持ちの方は、ページ下のタグ(「〜〜の家」などの四角囲み)をクリックしてご覧ください。

夢や希望を実現する「家」をつくるための第一歩は、建築家へのお問い合わせから。 鳥取県米子市の建築設計・デザイン事務所 チームスタジオアーキテクツへのお問い合わせ・ご相談は、電話(0859-35-3155)、Eメール(info@team-studio.jp)、またはこちらの会社概要 & お問い合わせページからお気軽にどうぞ。