母屋と庭を活かした二世帯住宅

母屋と庭を活かした二世帯住宅

 

概要

建築場所 島根県安来市
竣工 2015年7月
施工 先本組

 

広報担当より

小さく奥まった半地下の玄関がさりげなく、シンプルな外観を持った家が「母屋と庭を活かした二世帯住宅」です。

タイトルには二世帯住宅とありますが、すでに母屋が存在しているため、今回の新築部分は子供世帯とその子である孫が住む「離れ(はなれ)」のようなものとなっています。

半地下のように見える一階部分には、水回りや子供部屋が配置されており、2階部分はリビングダイニングとなっています。

土地形状や明るさの関係から、2階部分にリビングダイニングを配置していますが、その目的のとおり適度に切り取った開口(窓)からは、明るい光を十分に取り入れることができるようになっています。

なお、一番大きく切り取った窓からは、地元の花火大会の花火も眺めることができ、絶好のくつろぎスペースとなっています。

また、一階部分には子供部屋などの各居室や水回りを配置していますが、特に子供(孫)部屋について、母屋に住む親世帯と孫の間で目線の高さが合うように設計されています。
そうすることで、子供世帯だけではなく、母屋に住む親世帯からも孫を見守ることができるように工夫されています。

二世帯住宅の設計にあたっては、親世帯においても子世帯においても、また孫にとっても、快適な距離感を家族全員で保てる空間を作ることが重要なテーマの一つとなります。

「母屋」と「離れ」の中心に子供部屋を配置することで、親世代、子世代両方で孫を見守れる環境を作り、三世代でのコミュニケーションが活性化するように考えてデザインされています。

このシンプルな外観を持った離れである「母屋と庭を活かした二世帯住宅」は、快適な距離感を家族全員で保てるだけではなく、家族全員のコミュニケーションも活性化するように工夫された二世帯住宅なのです。

 

(広報担当 N)

同じような特徴を持った家に興味をお持ちの方は、ページ下のタグ(「〜〜の家」などの四角囲み)をクリックしてご覧ください。

夢や希望を実現する「家」をつくるための第一歩は、建築家へのお問い合わせから。 鳥取県米子市の建築設計・デザイン事務所 チームスタジオアーキテクツへのお問い合わせ・ご相談は、電話(0859-35-3155)、Eメール(info@team-studio.jp)、またはこちらの会社概要 & お問い合わせページからお気軽にどうぞ。