黒い家










黒い家

概要

建築場所 鳥取県米子市
竣工 2020年2月
設計・監理 TEAM STUDIO ARCHITECTS
施工 株式会社 平田組

広報担当より

広い敷地内に建つポツンと一軒家!?

米子市内の工場が多いエリアにあり、広い敷地内にポツンと建つ黒い一軒家。
前面には窓もなく、私たちが想像する一般的な住宅とは違っているかもしれません。
広い敷地内にポツンと建つこの住宅は、誰もが目を引く特異なデザインで、チームスタジオアーキテクツらしい独特な特徴を持った家です。
名づけられた名前はその外観どおりの「黒い家」です。

内外ともにチームスタジオアーキテクツらしい?

チームスタジオアーキテクツらしい住宅、それは外観だけに止まりません。
リノリウムを多用した床やバスルームのデザインなど、広報の小職にとっては、インテリアもエクステリアも、チームスタジオアーキテクツらしい住宅に感じます。
それら特徴について、多くの箇所については過去の作品でも実際に用いられており、効果等についてもお墨付きのものです。
このような住宅をデザインさせていただけるのも、デザインやコンセプト等に理解いただけるクライアントのおかげがあってこそですが、広報担当としてもこのような作品に出合えることはとても嬉しかったりもします。

チームスタジオアーキテクツの思想が色濃く反映された住宅

もちろん見た目ばかりではありません。
この住宅は、チームスタジオアーキテクツの考えが凝縮されたようなとても濃い住宅であるといえます。
潜在的、顕在的にかかわらず、クライアントの想いやこだわりをしっかりと取り入れること。
加えて、無駄を省いたシンプルな住宅を創り上げていくこと。
これらは、チームスタジオアーキテクツが得意とすることです。
このような住宅のアプローチは、チームスタジオアーキテクツの代表である藤原の自邸や各々のクライアントの邸宅でも意欲的に行ってきました。
この「黒い家」についても、外からの視線を遮りながらも明るく感じられる各居室をデザインすること、収納等生活に必要なスペースを作り出しながら、豊かで暮らしやすい住宅をデザインすることなど、それらにこだわって取り組みが行われています。
趣味の大型バイクを格納できる玄関スペースや、子供部屋やトレーニングスペースに活用できるスペースなど、このシンプルにデザインに内包された住宅であることを知ると、多くの人は驚かれることでしょう。

クライアントの現在はもちろん、未来までを見通して

このようにこの「黒い家」は、最小限のスペースを追求しながらもクライアントの豊かな暮らしを実現できることを追求した住宅です。
しかし、それだけにとどまりません。
この住宅は、クライアントのお考えによって今後拡大していくことも可能な住宅であるのです。
チームスタジオアーキテクツでは、将来の増築プランもクライアントとともに事前検討し、各スペースの配置やゾーニングをもとにデザインを行いました。
クライアントが現在を暮らしやすくし、未来にわたって豊かな暮らしを営んでいけるように、そんな将来までを見通しながらクライアントとともに作りこみを行いました。
チームスタジオアーキテクツらしいこの「黒い家」ですが、中身はしっかりとクライアントの個性を映し出し、クライアントの現在と未来に寄り添い、クライアントの個性を象徴した住宅であるのです。

(広報担当 N)

同じような特徴を持った家に興味をお持ちの方は、ページ下のタグ(「〜〜の家」などの四角囲み)をクリックしてご覧ください。

夢や希望を実現する「家」をつくるための第一歩は、建築家へのお問い合わせから。 鳥取県米子市の建築設計・デザイン事務所 チームスタジオアーキテクツへのお問い合わせ・ご相談は、電話(0859-35-3155)、Eメール(info@team-studio.jp)、またはこちらの会社概要 & お問い合わせページからお気軽にどうぞ。